スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気付くと1年ぶりのブログ

もうブログを書くのも1年ぶりと、ずいぶん間が空いてしまった。

今年も写真展が有ります。

夏合宿で湿板


私はWet Plate Collodion Processでambrotype (裏に黒を当ててそのまま見る方法)と ネガにしてプリントにしたものを出展。
スポンサーサイト

銀塩写真の亡霊

今日、銀塩写真について質問をもらった。

私自身、最近の銀塩写真やシルバーゼラチンやらの言いように少しイライラしている。

いつからこんなに銀塩、銀塩って言い出したのか、今日は一日考えてしまった。

おおむね理由は簡単。デジタルカメラの出現からだろう。

だからデジタルカメラに対してフィルムカメラで良いように思うのだが。

銀塩写真をデジタル写真に対峙させる事で違いを明確にしたかったのかもしれない。

ところが困った事が有る。銀塩写真を英語表記ではsilver halide photoとなっている。

ハロゲン化銀写真になってしまう。

ハロゲン化銀の感光性を用いた技法という事なら、ハロゲン化銀写真と言えば良いのに。

銀塩の塩の部分はハロゲン化物をさしているには少し無理が有るような気がする。どちらにしても

近年ずいぶん使われるようになってきた、専門用語のような銀塩写真。

何冊か、むかしの写真入門書昭和初期以前、には

銀塩なる文字をまだ見つけていない。明日も探してみよう。

新製品が続々。

白黒写真事情


 今年に入って、田村写真では藝術写真にハマっている。

先月より始めた油絵の具に依る全面修正という手法。
これは主にベス単愛好家より広がっていったようですが大変面白い。

早速色々な白黒バライタ印画紙を試してみると、新製品を見つけた。

Berggerのコットン紙に乳剤を塗布したファインアート・ポートレートを買いにヨドバシへ行ったら、新しくファインアート・ポートレートVCという多階調(以前は号数紙でした)に新しく変わっていた。
只、こちらは少し問題(初期によくある塗布ムラが)。

次に、Freestyie(アメリカのネットシュップ)を覗いていると。ペインティングフォトに向いているという印画紙を発見。早速取り寄せた。Arista EDU Ultra FB VC Semi-Matte これはなかなか使える。

と、またも発見なんと ILFORD MULTIGRADE ART 300なんでも今インクジェット等でも話題のHahnemuhle社がコットン紙を提供し、それに多階調の乳剤が塗ってあるという。入荷が6月とい言う事で早速注文。

なんと6月3日に届き、4日のワークショップで早速使用。
もしかするとBerggerと同じかと思っていたが、これが違っていた。そして完成度も高くペイント用としてもだが、普通に使いたい印画紙である。すごく良いかもしれない。

感材の減少や値上がりのニュースばかりだが、良い話もどんどん入ってくる。

白黒写真はこれからが面白いかもしれない。

ちなみに次の藝術写真講座は7月2日の土曜日です。

テーマ : 銀塩写真
ジャンル : 写真

仕事を早めに引き上げて。

8月頃から、なんか写真展や諸々のことで、落ち着くこともなく、バタバタです。
今日は土曜日、そして台風。
少し早く仕事を切り上げ、FOTOCHATON
へ。お茶を飲んでお話をして。今日は8ミリフィルムの現像を始める宣言をしてきました。
12月23日から27日まで写真展、横浜エリスマン邸です。
プラチナde写真展
地図

なんか、忙しい。しかし、Film Developer

昨日は秋に開催される「8"X10" カメラな仲間たち、写真展2010」の打ち合わせ。参加者19名のうち12名が集合。
初めて合うメンバーもいるので、顔合わせの意味も。山梨、富山からも来て頂いた。
今日は最終日になんとかジャンルー・シーフ写真展を見に行けた。もう一つの写真展「侍と私」は今日からだったのでちょうどよかった。
ジャンルー・シーフ写真展の大半は2007年から世界を回っている回顧展の為にプリントされたもの。ネガの状態の良さにはつくづく感心してしまう。ネガ整理もとても良いそうでますます感心する。そして、今の印画紙では有りますが(私の感じではイルフォード?でしたが)プリントは良いですね。未発表ということでしたが、作品の量が多いということでしょうね。
「侍と私」にはすごい美しいダゲレオタイプが1枚有りました。150年も前に今より美しい写真が有るのだから。
そう、シーフ写真展でフィルムの良さは再確認できますよね。いかに単純化するか、フィルム現像のムラもある意味必要なんだとも思い、今、進めているテストも正しい方に行っていると少し安心。

しかし!!!ジャンルー・シーフ本人カッコよすぎるんじゃないか!!悔しい!!

フィルム現像のテスト結果報告はもう少し待っていてください。
プロフィール

タムタム3号

Author:タムタム3号
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。